規格看板の正しい設置場所をチェックしよう

設置場所が大切

規格看板は自社の場所が「ここにある」ことを知らせる大事なものですので設置場所が大切です。安全に設置でき、かつ誰もが目にしやすい場所に設置しなければ意味がありません。どこに設置したらよいか場所の吟味や確保はとても大切です。

看板と標識の違いとは?

看板は「宣伝するもの」

看板は、イラストや文字などを用いて表示することで、それを見る人にお店の存在を知らせるほか、商品やその特徴を紹介できる機能があります。標識と思しき「お店はこちら」というような誘導もお店の宣伝となりますので、看板の一つといえるでしょう。

標識は「注意を促すもの」

標識は、規制や注意喚起を促し、誰もがスムーズに動けるようにすることを目的に設置されるものです。道路標識などが大きな例といえるでしょう。標識は設置できる機関が決まっており、個人や団体が標識を設置すると処罰対象となるので注意しましょう。

規格看板の正しい設置場所をチェックしよう

看板

効果的な設置場所の選び方

規格看板を設置する場所は、ある程度まで敏感になる必要があります。看板はどこでも好きな場所に設置できるものではなく、道路交通法・道路法・屋外広告法といった条例や法律とのすり合わせを行う必要があります。場合によっては、道路管理者の許可を受けるなどの必要がありますので、規格看板作成や設置の前に「ここは設置できる場所か否か」を確認すると良いでしょう。

広告

規格看板を設置する際の注意点

規格看板を設置する際には、「高さや場所」などを確認します。場合によっては法律や条例に基づいて届け出や許可申請が必要になるからです。また、掲げた看板が道路境界線を越えている場合や、防火地域に可燃性の樹脂看板を設置してしまった場合等もNGとなります。今や多くの規格看板は防火処理がなされていますが、設置の際には十分に注意する必要があります。